MENU

看護師の離職率の実態

コロナウイルスの報道では、医療従事者の献身的な努力に感謝しています。

 

でも看護師の立場になったと思ったら、2ヶ月休みゼロなんて異常以外のなにものでもありません。

 

世界的に病気が流行っているからといって、医者や看護師を含む医療従事者が、休みなしで働くのが当たり前だと思われているのは辛いですね。

 

このように働いて当たり前だと思われてしまう看護師は、ふと仕事をやめたいと思ってしまうことが多いようです。

 

日本看護協会調査研究報告No.95によると、2018年度の正規雇用看護職員の離職率は10.7%にもなっていたそうです。

 

今の職場が嫌になって転職している看護師は、看護師10人に1人もいるんです。

 

だから、アナタが今の仕事を嫌になって辞めたいと思うことは、全然特別なことではないということを認識していてください。

 

 

看護師が仕事をやめたい5つの理由

日本医療労働組合連合会が発行している2017年度の看護職員の労働実態調査報告書によると、看護師が仕事をやめて転職したい理由のトップ5は次のような結果でした。

 

  1. 人手不足で仕事がきつい
  2. 給料が安い
  3. 思うように休暇が取れない
  4. 夜勤が辛い
  5. 思うような看護ができず仕事の達成感がない

 

 

人手不足で仕事がきつい

看護師の配置人数が低く設定されていて、夜勤のある勤務形態の仕事量が増えています。

 

このような職場で働く看護師は慢性的に仕事がきついと感じています。

 

給料が安い

調査した看護師の約7割がサービス残業を行っているので、労働時間に対して給料が安いと感じている人が多いです。

 

看護師のサービス残業で多いのは、記録業務、情報収集業務、患者対応となっています。

 

思うように休暇が取れない

看護師にも有給休暇は一般企業と同じように20日以上支給されてるところが多いですが、

 

実際に看護師が取得している有給休暇は10日以下と少ないことが半数以上を占めています。

 

夜勤が辛い

看護師の準夜勤、深夜勤は昼夜逆転してしまうので元々辛い仕事です。

 

それに加えて、休憩時間をあまり取れていない看護師が多いので更に疲れています。

 

思うような看護ができず仕事の達成感がない

十分な看護ができていないと感じている看護師は約5割もいます。

 

上の4つの理由が重なって、思うような看護ができている達成感がないと感じる看護師がたくさんいます。

 

看護師の転職で成功する人の3つの特徴

看護師の転職がうまくいく人を観察していると、3つの特徴がありそうでした。

  1. 転職する理由の中で一番大事なことが何かわかっている
  2. 病院に合わせた面接方法を対策している
  3. 転職先の内部事情をきちんと調べられる

 

 

看護師が転職エージェントを利用する3つの効果

  1. 転職先の雰囲気を事前に聞くことができる
  2. 給与以外で確認するべきことの助言がもらえる
  3. 直接聞きにくいことをコンサルタントにお願いできる

 

 

看護師転職エージェントランキング!

非公開求人も多い、看護師の転職エージェントおすすめランキング!

 

無料登録するだけで、アナタの転職をお手伝いします!

 

求人数の多い順でランキングしました。

 

 
看護のお仕事の特徴

全国対応している看護師転職エージェントです!
24時間電話対応しており、転職成功で、転職支援金を最大12万円一括支給されるのが特徴!

業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数であり、キャリアコンサルタントの素早く、丁寧な対応が評価されています。無理に転職を勧めることはありません。

地域ごとに専任のコンサルタントが在籍しているので、。地域密着型のご提案が可能!

求人 全国12万件以上
評価 評価5
特徴 転職成功で、転職支援金を最大12万円一括支給!
 
MC-ナースネットの特徴

全国15拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応しており、求人数も20,000件以上と豊富です。会員数は90,000人を超え、年々その伸び率は増えています。

看護師さんに特に人気のあるツアーナース・健診などの派遣案件、夜勤の無い企業求人が豊富で良質なものが多く、保健師においても企業や学校の案件が多くあります。

求人 全国20000件以上
評価 評価4
特徴 友人紹介実績No1!利用者満足度95%以上!
 
ナースジョブの特徴

ナースジョブは看護師・准看護師・保健師・助産師のいずれかの資格をお持ちの方に無料で行っている転職支援サービス!

丁寧な対応、好条件求人を多く有していることから利用満足度で好評価を獲得。

【特徴】
1.利用したい看護師転職支援サービスNo.1
2.地域最大級の求人数
3.非公開求人が豊富

求人 全国17000
評価 評価3
特徴 利用したい看護師転職支援サービスNo.1

 

 

 

転職先を探すのは、以外に大変!

看護師が転職をするには、未来のことを考えて早めに行動を起こすことが大切です。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。

 

年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も考慮しておきましよう。

 

 

看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年だそうです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。

 

 

看護師の資格を得るための国家試験は、年に1度あります。看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを示し続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格可能な試験です。

 

 

 

専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。けれど、一生懸命に看護師の資格を取得したわけですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。全然異なった職種だとしても、看護師の資格が優遇される仕事は多くあります。苦労して取得した資格ですから、活かさないのはもったいありません。

 

 

看護師が転職を考えるきっかけは、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。女性の多い職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する要因となる人もいます。ひどい環境を我慢して働くと、体調を崩しやすくしますから、できるだけ早く転職すべきです。看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。面接者の評価が良くなければ、看護スタッフが足りない状況にも関わらずご縁がなかったということにもなるのです。

 

 

言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だと志願者数も多く競争率があがりますので、緊張感を失わず不足なく対策をたてて就職面接当日を迎えましょう。場にふさわしい端正な装いで、質問には溌剌と応じる姿勢が重要です。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。

 

 

月に8回までと国の指針で定められていますが、それ以上になってしまうことも多いです。勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、体調を崩しやすいのも、長続きしない看護師が多い理由の一部と思われます。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。

 

 

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、負の動機であった場合、わざわざ株を下げることになります。実態としてはその通りだったとしてもストレートに伝えることはないですから、できるだけ意欲的なイメージの志望内容を告げるようにして下さい。看護師のための転職サイトの中に、祝い金をもらえるサイトが存在します。

 

 

転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。ですが、お祝い金を出してもらうための条件がほとんどの場合にありますから、先にチェックしておくようにしましょう。それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実したサポートを提供している場合も少なくないです。高校に進むときに衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更は困難です。

 

 

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、短い準備期間のために勉強したり、実習をこなす量が少なくて試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなりの数います。配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を検討すべきでしょう。

 

 

いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚のタイミングで自由となる時間の多い職場へ転職をすると生活しやすいですね。ストレスが多くあると子どもがなかなかできなくなってしまうので、気を付けるようにしましょう。看護スタッフが別な職場に行きたいと思ったら、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

 

 

看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には載らない場合も数多くあります。ところが、ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスだと、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、求人元を「気風」という点からも検討できます。こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをしてもらえるケースもみられます。キャリアアップを志して転職する看護師も少なくないです。能力を磨いておくことで、高収入を得ることも可能です。

 

 

 

職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分がぴったりだと感じるところを探してみることは重要です。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、待遇の良い勤務先に巡り合えるように、約90日ほどは新しい仕事場を探す時だと考えて、熟慮していくのがよいです。

 

 

 

1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。看護師免許を得るには、何通りかのコースがあるのです。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して勉強することが必要です。

 

 

 

看護士の求人情報は豊富にありますが、希望と一致する条件の求人があることは少ないでしょう。看護師資格の保有者でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤のないところで働きたいとほとんどの方が思っています。希望に合う勤め先に転職するためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。

 

 

 

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を言語化できるようにしておきたいものです。夜の勤務は難しい、プライベートの時間は十分確保したい、患者さんの息をひきとる場は遠慮したいなど、要求にも個性があって当然です。看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、負担になる労働環境で辛さに耐え続けることはありません。子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

 

 

 

特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、仕事をする日が多くない仕事だったりが選べると良いですね。子育ての期間だけ看護師を休業するという人もいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を利用できる別の仕事を見つけられるといいですね。看護士を目指す理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。

 

 

 

転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。今までの勤務先についての良くないことは口にしないことが大事です。産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導をしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、職業案内所で見つけるのは無理かもしれません。興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人などもたくさん掲載されています。